「労務・人事担当者のための労働衛生管理研修会」
福岡産業保健総合支援センターでは、業務の一環として産業保健に関する基礎的・実践的な研修会を実施しています。
どうぞお気軽にご参加下さい。講師は当センターの相談員の方々です。
場   所:メディカルセンタービル・その他
定   員:30名
参加費用:無料
研修会参加希望は重複可です。  
多数の方が参加いただけるように、欠席される方は必ずご連絡ください。  
(注1) 参加申込は各研修会開催日の1週間前までにお願い致します。
(注2) 参加ご希望の方は申込書をFAXか郵送で、又は、お申込みフォーム(英数字は半角で)を送信して下さい。
(注2) 参加申し込みいただいた方は、当センターより必ず参加情報を連絡いたします。
(注3) 日医認定研修ではないので、医師が受講しても認定研修単位は付されません。
(注4) 実習方式の研修会は、一部定員が20名となります。

参加
申込
月日 時間 研修会名 詳細
2019.12.09 14:00~16:00 31 12/9(キャンセル待ち) ストレスチェック制度 集団分析の活かし方 職場環境改善 元気職場づくり~アクション活動について 
2019.12.11 15:00~17:00 32 12/11 衛生管理者として活動を希望する方の支援講座  第4回 労働衛生法規 【北九州会場】
2019.12.13 10:00~11:30 33 12/13 働き方改革における産業保健活動について ※時間変更しております
2019.12.17 14:00~15:30 16 12/17 事業場における感染症対策 11/6から変更しました。
2019.12.18 15:00~17:00 34 12/18 定年退職後は〝がん″に罹患しない為の養生法
2019.12.23 14:00~16:00 35 12/23 会議室でできるピラティス~腰痛・転倒予防体操~
2020.01.08 14:00~15:30 36 1/8 両立支援の社内制度構築と運用について
2020.01.10 14:00~15:30 37 1/10 職場内のメンタルヘルス相談対応をどのように構築するか?
2020.01.16 14:00~15:30 38 1/16 疲労の捉え方
2020.01.17 14:00~16:00 39 1/17 職場に笑顔をもたらす脳活性化メソッド「シナプソロジー」とは ~メンタルヘルス対策&生産性向上に~
2020.01.22 15:00~17:00 40 1/22 特定化学物質を中心とした特殊健康診断の解説 【北九州会場】
2020.01.24 14:00~16:00 41 1/24 テレワ-クの推進と眼疲労の予防
2020.01.27 14:00~15:30 42 1/27 ハラスメントへの法的対応の実務
2020.01.28 14:00~15:30 43 1/28 ハラスメントへの法的対応の実務 【北九州会場】
2020.01.29 14:00~16:00 44 1/29 発達障害のタイプ別にみた効果的な支援
2020.01.30 15:30~17:00 45 1/30 いわゆるメンタル職場復帰支援手引きをめぐって
2020.02.03 14:00~16:00 46 2/3 ストレスチェック制度 集団分析の活かし方 職場環境改善 元気職場づくり~アクション活動について 【北九州会場】
2020.02.04 14:00~15:30 47 2/4 障害者雇用と脳障害者の職場復帰
2020.02.07 14:00~15:30 48 2/7 治療と就労の両立支援
2020.02.14 14:00~16:00 49 2/14 皮膚からの化学物質曝露を防止するために
2020.02.17 14:00~16:00 50 2/17 メンタルヘルス対策とハラスメント防止対策の理想と実際~各対策の基本と事例検討~
2020.02.18 14:00~15:30 51 2/18 メンタルヘルス不調者に対して事業所がサポート出来る事
2020.02.25 14:00~15:30 52 2/25 働き方改革 同一労働同一賃金
2020.02.26 15:00~17:00 53 2/26 衛生管理者として活動を希望する方の支援講座  第5回 全体の重要点確認 【北九州会場】
2020.02.28 14:00~15:30 54 2/28 就労と治療の両立支援の現状と課題
2020.03.04 14:00~15:30 55 3/4 脳科学からみた、メンタルヘルスとやる気スイッチの入れ方
2020.03.06 14:00~16:00 56 3/6 個人サンプラ-を用いた作業環境管理
2020.03.18 14:00~16:00 57 3/18 Trail Making Test からみる注意力低下の現状と対策1